家造りを行う場合に知っておきたい3つのこと

家造りを行う場合に知っておきたい3つのこと


生活導線を意識した間取りの重要性

家造りにあたって重要なのが生活導線を意識した間取り設計です。間取り次第で家の居住性は大きく変わってきますので、住み始めてからイメージと違っていたということにならないように、事前に生活導線をしっかりと意識してなるべくストレスを感じにくいように設計しておくというのが大切です。例えば、買い物から帰ってきて重い荷物を持って歩く距離を短くしたいということであれば、玄関からすぐにキッチンに行けるようにしておいた方がよいかもしれません。また、入浴後にリビングでくつろいでから眠る習慣があるのであれば、浴室、寝室、リビングはすべて同じフロアに設けておいた方が快適に生活できるはずです。

日当たりを重視した家造り

家造りにあたっては日当たりを重視するのがおすすめです。日中は家にいないので日が当たらなくても問題ないと考える方もいるかもしれませんが、日当たりが不十分な家は湿気がこもりがちで、場合によって室内にカビが生えたり、建物が傷みやすくなったりするため、なるべく日当たりはよいに越したことはありません。特に、隣家との距離が近い都市部の家ではいかにして日光を室内に取り込むかが家造りの成否を分ける重要なポイントです。

不要な設備を増やさないこと

家造りをしていると、ついつい魅力的な住宅設備を多く設置したくなりますが、調子に乗って不必要なものまで選ばないようにしましょう。余計な設備は費用が掛かるだけでなく、メンテナンスにも多大な労力が必要となりかねないため、生活するうえでのストレス要因になりかねません。せっかくの夢のマイホームですので、なるべくストレスなく過ごせるように住宅設備は必要なものだけを厳選すべきなのです。

注文住宅で2000万の家のことなら、お客の家への拘りにしっかりと対応する建築実例が豊富な工務店がおすすめです。

Related Posts

家族の憩いの場にはこだわりを!注文住宅で理想のマイホームを実現させよう!

家族の憩いの場にはこだわりを!注文住宅で理想のマイホームを実現させよう!

家族構成とプライバシーに配慮した間取りの決め方

家族構成とプライバシーに配慮した間取りの決め方

注文住宅選びで失敗しないコツ!ハウスメーカーと工務店それぞれの特徴を知ろう

注文住宅選びで失敗しないコツ!ハウスメーカーと工務店それぞれの特徴を知ろう

家づくりを失敗しない!注文住宅の間取りを決めるコツ

家づくりを失敗しない!注文住宅の間取りを決めるコツ