物件探しで失敗をしないために心掛けること

物件探しで失敗をしないために心掛けること


内見でやっておいたほうが良いこと

よさそうな賃貸物件があれば、その賃貸物件を所有している不動産会社を訪れ、内見の予約をして実際に部屋を自分の目でチェックすることになりますが、この時に持って行っておいたほうが良いものがあります。1つはカメラです。現在は携帯電話のカメラもとても高性能になっているので、携帯電話のカメラでも良いでしょう。このカメラで何をするのかというと、気になった部分を撮影していきます。できれば各部屋ごとに写真は撮影しておいたほうが良いです。人間の記憶というのはそれほど優れているものではなく、記憶だけでは古いものはどんどん印象が薄くなっていきます。しかしカメラに撮影して残しておくことで、写真を見たときにその時の記憶が鮮明に思い出せるようになります。

もう1つ持って行っておいたほうが良いものにメモ帳があります。映像だけだとその時に自分が感じたことなどを思い出すのは難しいですが、メモ帳に文章として残しておけば内見をしてどのような印象を持ったのかを思い出すことが出来ます。映像と文章を確認することで、その物件に対して客観的な評価ができるようになるため物件探しで失敗することは大幅に減るでしょう。

気になったシミや汚れなどは住む前に交渉

内見をする際、室内はあらかじめクリーニングされていることがほとんどです。にもかかわらず内見をしたときにどうしても気になるかべのシミや傷、そして設備の汚れなどがあった場合は、その時点で不動産会社の担当者に相談し、改善できないか交渉してみましょう。

小樽の賃貸物件の最寄駅周辺には、観光地という特性もあり、多くの飲食店が軒を連ねています。また、駅前には、スーパーやドラッグストアの他、市場も併設されており、生活必需品の購入に有用です。

Related Posts

別荘地はどうやって選ぶ?重要な三つのポイントとは!

別荘地はどうやって選ぶ?重要な三つのポイントとは!

AIスピーカーで自動化?ブロードバンド物件の魅力!

AIスピーカーで自動化?ブロードバンド物件の魅力!

人気となっている理由とは?別荘を中古で購入する3つのメリット

人気となっている理由とは?別荘を中古で購入する3つのメリット

家族の憩いの場にはこだわりを!注文住宅で理想のマイホームを実現させよう!

家族の憩いの場にはこだわりを!注文住宅で理想のマイホームを実現させよう!