どんな物件も下見は不可欠!賃貸物件の選び方を学ぼう!

どんな物件も下見は不可欠!賃貸物件の選び方を学ぼう!


賃貸物件の下見が必要な理由

賃貸物件に関するトラブルで多いのが入居後に判明する居住性の悪さです。日当たりが悪い、風通しが良くないなど暮らしに直結する問題がトラブルに発展します。また、近隣住民との諍いや交通量の多さによる騒音なども賃貸物件によくあるトラブルですが、これらの多くは事前の下見で判明するのも事実です。近年ではインターネット経由で賃貸契約を結ぶ業者が増えていますが、借りる物件がどのような環境にあるのかを確認しなければ入居後に不快な思いをする可能性があることを忘れてはいけません。

築年数と間取りは長く暮らすための重要な選択肢

賃貸物件で快適に暮らすには建物の築年数と物件の間取りが重要になります。基本的に新しい物件ほど建材の傷みが少なく、断熱性や遮音性が保たれています。似た構造の物件でも建物が新しいほど住み心地が良いのが普通なので、長く暮らすことを前提に賃貸物件を選ぶ際は築年数を重視することが大切です。また、同様の理由で間取りにもこだわる必要があります。間取りによって採光性や通気性が大きく変わることを踏まえて物件を選ぶのが快適に暮らす条件と言っても過言ではありません。

寒冷地の賃貸物件は断熱性を第一に考える

冬季に気温が氷点下まで下がる寒冷地では建物の断熱性が重要な選択肢になります。古い建物は断熱材が劣化しているので暖房を動かすための電気代や燃料代の高額化は避けられません。交通の便や家賃だけではなく、冬季の生活を考えて物件を選ぶのが快適に暮らすための心得と言えます。家庭用のホームタンクが備わっていることも確認ポイントのひとつです。

江別の賃貸住宅は、5万円前後から7万円の間が相場です。手頃な価格の物件でも子供の入居が可能な所、ルームシェアの相談も可能な所が多く、転勤で家族一緒に入居するのに適しています。

Related Posts

注文住宅選びで失敗しないコツ!ハウスメーカーと工務店それぞれの特徴を知ろう

注文住宅選びで失敗しないコツ!ハウスメーカーと工務店それぞれの特徴を知ろう

家づくりを失敗しない!注文住宅の間取りを決めるコツ

家づくりを失敗しない!注文住宅の間取りを決めるコツ

収納と居住スペースのバランスは大丈夫?人気の吹き抜けにデメリットはない?

収納と居住スペースのバランスは大丈夫?人気の吹き抜けにデメリットはない?

失敗しないために!注文住宅で気をつけたいこと2つ

失敗しないために!注文住宅で気をつけたいこと2つ